キャビンアテンダント・フライトアテンダントのための
≪機内アナウンス(PA) 英語発音講座≫
機内アナウンス
はじめに  口の動き  日本語にない音  最後まで発音  PA雑学
最後まで発音

Airport」(エアポー)、「Fastened」(ファースン)、「Seat belt」(シーベル)のように、最後の音が消えてしまう人がいます。バンコックのCoffee Shopでよく耳にする「フライライ」(Fried Rice)と同じです。最初のうちは、エアポート、ファースンド、シートベルトというように、最後の子音(final consonant)も忘れずに発音する癖をつけてください。


早口ことば (Tongue Twister)
*
She sells seashells, sherry, and sea-shoes by the seashore.
*
Flesh of fresh flying fish.
*
A glowing gleam growing green.
*
A big black bug bit a big black bear.
*
The black breeze blighted the bright blossoms.
*
Swan-swam over the sea; swim, swan, swim.
*
Two toads tried to trot to Ted burg.
口慣らしの練習をしてください。そして、それぞれの単語の音が、正確に出ているか、LON基地CAにでも聞いてもらって確認してください。

R音の好きなアメリカ人

アメリカ人の発音は、英国人に比べ、鼻にかかる音が多いのが特徴だそうです。乾燥した気候のせいだと言われています。巻舌でR音を出すのが好きなのも、気候のせいのようです。カリフォルニアのような気候のよい地域と、平均気温が低い英国では、口の開け閉めに違いが出てくるのかもしれません。

子音の前にあるRを発音するのがアメリカ式で、英国人はほとんど発音しません。例えば、
      park term storm arms
等です。


リエゾン

フランス語の発音では、単語と単語がつながることがよくあります。フランス語を少しでも勉強したことがある人は、英語の時もリエゾンすることがありますが、リエゾンはひとつひとつの英語発音がしっかりできるまで、避けたほうがよいと思います。やたらにリエゾンすると、発音が汚くなります。

例としては、「ジャパンネアーアラインズ」があります。「ジャパン エアー ラインズ」としっかり発音します。


綴りと発音について  
 イギリスのテレビCMから、
商品名:
"Cock-burn"という酒
場面:
客船の船長室
船長:
「おお、コックバーンか」
イギリス人は一瞬、困ったという表情になるが、すぐにしかつめらしい表情にもどり、咳払いひとつして言います。
イギリス人:
「いいえ、コバーンです。このckは発音しないのです」
船長:
「ああ、そうか」
と言いながら、やおら片足をあげ、ズボンの裾をまくり上げて、ソックスを指しながら、
船長:
「そうすると、これは"ソ"か?」
また、壁の掛時計と指差しながら、
船長:
「あれは、"クロッ"か?」
イギリス人:
「いいえ、それはソックス、あれはクロックですが、これはコバーンです」

ここでコマーシャルは終わります。日本語では、文字に書かれたものは、すべて発音されますが、英語ではそうでないことがあり、いちいち覚えなければなりません。

ところで、このコマーシャルの「こころ」は・・・後述デス

「街角のイギリス英語」 大村善勇著より

 
はじめに  口の動き  日本語にない音  最後まで発音  PA雑学
copyright 2001© all rights reserved STWDS.COM since 2001