キャビンアテンダント・フライトアテンダントのための
≪仕事と健康・家庭講座≫
仕事と健康 高年齢化と健康  育児と家庭 出会いと結婚  動物行動学
出会いシリーズ

もっともっと病

新人CrewのAさんは、ラインアウトしてステキな先輩Crewに会いました。35才くらいのその先輩が、しみじみと彼女に言いました、
  「いずれ結婚を考えているなら、かならず28才くらいまでにしなさい」
先輩が言うには、
  「28才のときに出会った男性と結婚しておけばよかった。
                              でも自分にはもっとステキな男性が現われるかもしれない」

彼女は、そうこうしているうちに、その歳になり、いまだに独身のままで、自分を悔やんでいます。ステキなCAは、往々にして、男性からの申込みが多いため、もっとよい人がいるかもしれない「もっともっと病」にかかってしまいます。


人生プラン

独身のままで年齢を重ねてしまう人の中には、人生プランができていない人を多々見受けます。時には、そのとおりに行かないこともありますが、仕事上でも、個人生活でも、自分なりの人生プランが必要です。40才になったとき、自分はどうなっていたいのかプランを立ててみてください。仕事では、チーフパーサーやマネジャー(職制)レベルの仕事ができないといけない年齢です。個人生活では、ダンナになっている人はサラリーマンですか、自営業ですか、それとも専門的仕事をしている人ですか。40才の頃には、子供は何人いてほしいですか。そのとき、第一子は何才になっていると思いますか。どんな家に住んでいたいですか。

プランが出来ている人は、逆算しながら、準備を進めています。40才のとき第一子が小学6年生くらいなら、12才ですので、28才で産んでおく必要があります。その前に、子供の父親を探さなければなりません。プランを持っていない人は、せっかくステキな男性が前を通り過ぎても見逃してしまいます。

40才あたりで、チーフパーサーや職制になっていたいのでしたら、自分のサービス技倆を、さらに高めるとともに、30代前半あたりから人の上に立つ勉強を始めなければなりません。


20代後半になったら

CAからの相談を受けていると、何年もつきあったあげく、30代になってから彼と別れたという話をよく聞きます。30代になってから結婚相手さがしは20代に比べはるかにむずかしくなります。20代前半ならまだしも、25才を過ぎてから、30代に突入するのは、あっという間です。20代後半になったら、1年間つき合って、結婚の話が出ない場合は、さりげなく意思の確認を行なうか、彼とのつきあいを見直すべきです。次に進むことが必要なこともあります。


Crewとつき合う目的

男性の中には、Crewとつき合うことをステイタス・シンボルのように考えている人もいます。男であるならば、一度はCrewのガールフレンドを持ちたいと思っているからです。そういう男性と、別れられずにいれば、都合のよい女になってしまいます。

一方、自分の仕事や生き方を考え、Crew出身者を生涯のパートナーとして探している男性もいます。

どちらの男性があなたにアプローチしてくるか、それはあなた次第なのです。


CAの肩書きで勝負しない

多くのCrewは、CAの肩書きに寄ってくる男性には注意しています。その一方で、「私はCAなのよ」といわんばかりに、CAの肩書きを売りにしているCrewも見かけます。肩書きを頼りにせず、自分の中身を増やし、女性としてのたしなみを身につけ、制服を脱いだところで勝負してほしいものです。普段着のときに、品性のない言葉づかいやふるまいをしている人がいます。制服を脱いでも光っていてほしいものです。


彼の前で不平・悪口を言わない

あなたに興味がある男性なら、あなたが職場の悪口や不平を言っても聞いてくれます。ただし覚えておいてください。男性は、不平を言う女性とは結婚したがりません。「不平を言う」とは感情的な行動です。いつも不平を言っている人は、結婚してからも不平を言うからです。それと、他人の悪口を言わないことです。客観的に評価するのと、悪口を言うのとは違います。

男性は、不平を聞きながらも、あなたがそれを乗り越えて、前向きに行動している人かどうかを観察しています。そして、職場にはいろいろ問題もあるけど、CAの仕事が楽しくてしょうがないという女性に魅力を感じます。そういう女性を、男性は放っておきません。


スキー場の男性

雄大な自然、白いゲレンデ、暖炉を囲んでのパーティ、開放感、そこには非日常のロマンチックな世界があります。スキーでさっそうと滑走する男性はステキに見えます。そして、恋に落ちることがあります。でも東京(日常生活)に戻り、再会してみると、あのカッコよかった彼が普通に見えて、恋が冷めます。 これと同じことがCrewの世界でも起きています。海外にいると、開放感や非日常性を楽しみながらも、一方で孤独感を感じたり、人恋しくなったりすることもあります。

元部下や当会会員で、外地で恋におちいり結婚し、その後、別れた人を何人か見てきました。結婚という現実の生活に入ったら違っていたというケースです。やはりスキー場の男性と同じです。外地で出会った男性は、人恋しい中では、頼もしくも見えます。あなた自身が恋に陥る状況になっています。女性だけでなく、男性側も人恋しくなっています。

海外で恋に陥ったときは、一度、日本で何度か会い、ゆっくりお互いを観察してみてください。


ちょっと待て〜男女の仲

神様(自然界)は、オスには獲物をとってくる役割を与えています。そして、オスは獲物をとると、次の獲物を探しにいきます。男性の特質にもそれに近いものがあります。そして、まずは、何とか獲物を手に入れようとがんばります。 彼が好きで結婚したいなら、男女の仲になるのはできるだけがまんをします。結婚がはっきりしてからでよいのです。それまでは身持ちを堅くしておきます。

さらに多くの男性は、結婚するなら身持ちの堅い女性がよいと思っているからです。各種アンケート調査でも、同じ結果が出ています。ただし、「結婚」のひと言をイージーに使う男性もいますので注意です。


結婚詐欺に注意

筆者は現役時代に、結婚詐欺に遭ったCrewを何人か見ています。相手の身元をよく知らないままつき合い、甘い言葉に乗せられ、あげくの果てに貯金を叩いて彼に貸してしまいました。事業資金が足りない、親が入院する、どうしても欲しいものがあるなどを、女性からお金を引き出す理由にします。次から次へと無心してきます。そして、ドロンします。結婚にあせると、そのスキを狙われます。


借金申込=つきあい即中止

つき合っている男性からお金を無心されたり、貸してくれないかと言われたら、その人とは即離れるべきです。そのような男性は、努力が足りないか、基本的に稼ぎがよくない人だからです。結婚しても、先が思いやられるのは見えています。男女の仲になってしまうと、相手を冷静に見えなくなります。相手の言うがままになってしまうことがあります。そのためにも、男女の仲になるのは最後の最後でよいのです。


預金額を教えない

結婚前も結婚後も、相手に自分の預金額を教えないほうがよいです。お金を見せると、男性はそれを当てにすることがあります。そして男をダメにしてしまいます。


安心・安全な相手@

結婚にあたって、女性が男性を判断するときは浮気の心配をします。男性も同じです。そしてさりげなく、あなたの過去の話を聞いています。それに加えて、金銭感覚も観察しています。一生懸命働いて稼いできたお金をしっかり守ってくれそうか、お金を安心して任せられそうか、しっかり家庭を守ってくれそうか、キーワードは「安心・安全」なのです。所得の多い男性ほど、この部分を観察しています。


安心・安全な相手A 

あなたも相手を冷静に観察することでしょう。子供の頃や学生時代の話を聞いたり、彼の両親のことを聞いたりすると、彼がどんな育ち方をしてきたのかが分かります。過去を知り、未来を予測するのは、結婚でも大切なことです。

昨今、夫のDVで悩んでいる女性が増えています。子供は親を見ながら育っていきます。ちょっとのことで、両親にいつも殴られたり、蹴られたりしてきた子供は、自分が親になってから、両親がしていたことと同じことをすることがあります。彼が、DV家族で育っていないか、さりげなく昔のことを聞いて確認しておくとよいです。男の子なら、悪さをして、父親に一発や二発は殴られることがあります。あくまで頻度の問題です。


噛めば噛むほど・・・

「噛めば噛むほど味が出る人」と「一回噛んだら味がなくなってしまう人」がいます。

Crewになるまでは一生懸命勉強していたのが、Crewになってしまうと、目的達成なのか、新たな教養を増やしていない人を見かけます。話題にするのは、ファッション、芸能界、男のことばかり。経済の話も、政治の話も、国際情勢もよく分からないまま、日々を過ごしていませんか。「CAってもっと教養があると思っていた。だけど一回噛んだら味がなくなった」と言われないようにしてください。中身がない美人は3日で飽きます。

参考文献コーナー 「男と女の心理学関連」


男を育てる

結婚するにも、JALを再生させた稲盛和夫さんが言う「利他の心」が必要です。そして、男を育てるくらいの覚悟が必要です。伸びている男性には、かならず陰で支えている奥さんがいます。 男は、子供と一緒です。かわいがって育てると、その気になってがんばります。


ダンナ(彼氏)の仕事に無関心はダメ

男も、仕事で行き詰ったり、判断に迷ったりしすることがあります。成功している人を見ていると、最後は、奥さんに相談しています。奥さんの意見を聞き決断してい ることが多いのです。ダンナ(彼氏)の仕事に無関心では、男は他の女性に相談に行ってしまうかもしれません。いつ相談されてもよいように、普段から、ダンナ(彼氏)の仕事や業界動向について関心を 持っておきます。


指を観察 (2D・4D研究)

彼の右手の人差し指(2nd digit)と薬指(4th digit)ではどちらが長いですか。薬指のほうが長い人は「男性タイプ」で、短い人は「女性タイプ」と言われています。胎児のときに子宮内で、性ホルモンのうち男性ホルモン(テストステロン)をより多く浴びると、薬指のほうが長くなります。そして指の長さの比率は一生変わりません。結婚する相手の指の長さを観察してみてください。

英国での研究によると、ロンドンシティー(金融街)のトレーダーで、より稼ぎが多いのは薬指が長い人だそうです。サッカーなどプロスポーツ選手もトップクラスの人たちも薬指が長いという調査結果が出ています。空間認知能力が高かったり、理系や機械系に強かったりします。そして、他人に惑わされず、考えを実行に移す人が多い。健康面では、心臓系や血管系の発達がすぐれています。生殖能力は高いのですが、一方で前立腺ガンの発症率は、人差し指が長い人に比べて3倍になっています。

人差し指のほうが長い人は、細やかで、人の気持ちが分かり、人の心を惹きつける能力が高いところがあります。一方、女性ホルモン(エストロゲン)は、花粉など物質により反応してしまうので、花粉症や喘息、アレルギーになる人が多い傾向にあります。乳ガンや子宮頸ガンや心臓疾患なども、薬指が長い人に比べると多いと言われています。

写真は筆者の指です。一見、薬指のほうが長く見えますが、指先から付け根ノシワ部分までの長さを計ってみると、両方とも7cmでした。筆者の2D4D比は1.0です。薬指のほうが長い男性タイプは、人差し指÷薬指=0.95以下の人を指します。

参考文献 「女は男の指を見る」竹内久美子著・他

ページトップへ


身長で苦労 

30年前、CA(女性)の身長は、160cm前後が主流でした。女性の平均身長の伸びとともに、CAも平均身長が伸びています。今や、165cm以上はめずらしい存在ではありません。身長があり、スタイルもよくスマートなCAは、皆のあこがれです。ところが、結婚での相手選びでは、多くの人が苦労しています。なぜなら、日本人男性で、165〜170cmの女性に見合う身長の男性(175cm以上)が、4人に1人しかいないからです。その中から結婚相手をみつけなければなりません。時には、外見にこだわらず、人柄や将来性を重視して、相手選びをすることも頭に入れておかなければなりません。

ページトップへ


相性はどうか 

恋愛と違って、結婚は相手との長いつきあいになります。そこでお互いの相性があっているか冷静に見てみるとよいです。一番知っておいてほしいのは、きょうだい関係から見た相性です。それ以外では、育った地方や食べ物が近いかどうか。家柄が似ているか。学力レベルは近いかなどがあります。一方で、ものの考え方は近くても、性格は反対のほうがよかったりもします。

ページトップへ


CAの結婚支援

              レイズベール

 

 
お見合いシリーズ

男性年収と割合

給与所得がある男性の人数と割合は下記のようになっています。

   収入
男性人数(万人)
男性割合(%)
100万円以下
88.4
3.2
100万円台
205.1
7.5
200万円台
370.3
13.4
300万円台
515.0
18.7
400万円台
471.7
17.1
500万円台
357.1
13.0
600万円台
232.4
8.4
700万円台
164.5
6.0
800万円台
110.3
4.0
900万円台
69.8
2.5
1,000〜1,500万円
124.3
4.5
1,500〜2,000万円
26.7
1.0
2,000〜2,500万円
7.5
0.3
2,500万円越
10.4
0.4

統計元:国税庁 平成25年 民間給与実態統計調査結果

グラフを見るとと、男性では年収300〜400万円台がボリュームゾーンです。年収300万円以下の割合は、男性で24.1%(前年比-0.2%)となっています。 一方、年収1,000万円以上の割合は、6.2%(前年比+0.4%)となっています。



恋愛とお見合い どっちが幸せ

恋愛結婚をした夫婦は結婚期間が一年以内の場合、91点満点中平均70点だったが、結婚期間が長くなるにつれてスコアは徐々に低下し、10年を超えると40点でしかなかった。これに対し、取り決め婚の夫婦は、結婚したては平均で58点と高くないが、期間が長くなるにつれて満足度が高まり、10年超の時点で68点と恋愛結婚の夫婦よりもはるかに高かった。

これは取り決め婚が90%を超えるインドにおける研究であり、そういった批判も考えられる。気になったので日本の場合も調べてみた。日本は1970年くらいから離婚率が高まっており、現在では結婚した夫婦の3組に1組が離婚している状況だ。もはや離婚は珍しいことではない。これを結婚の仕方で見てみると、恋愛結婚の離婚率は40%で、お見合い結婚の離婚率は10%とのこと(全国仲人連合会調べ)。意外にも、お見合い結婚の方が離婚率が低く、上記のインドでの研究結果と一致する。

これは、お見合い結婚の場合、結婚がゴールではなくスタートと考え、時間をかけて愛を育む傾向にあり、結婚前と結婚後の理想と現実のギャップも少ないからと言われている。また、相手の条件を冷静に判断したり、親や第三者の意見を聞く機会があることも理由に挙げられる。

今でこそお見合い結婚は約5%とマイナーな結婚形態だが、1940年代は日本でも70%近くがお見合い結婚だったという。ひょっとすると、お見合い結婚の割合の減少と離婚率の増加は無関係ではないのかもしれない。また、少子化の最大の要因と考えられている近年の晩婚化・未婚化も、お見合い結婚が少なくなったからという指摘もある。たしかに、結婚を親や周囲が後押しする仕組みがなくなり、完全に個人の力量と選択に任せられるようになってきたわけだから、かつてより相手を見つけるのが難しくなったことはうなずける。

「選択の科学」でも、多過ぎる選択肢は限られた選択肢から選ぶよりも満足度が低いという研究結果があるが、無数に存在する異性から生涯のパートナーを選ぶより、親や第三者から紹介される少数の相手から選択する方が、満足度が高い結果になるのかもしれない。

現代人は恋愛して結婚するのが当たり前で、お見合いはダサいという固定観念に凝り固まっているが、結婚なんて人それぞれだ。お見合い結婚も捨てたもんじゃないし、ひょっとすると離婚率増加と少子化に対する効果的な対策になったりするかもしれない。もちろん、これらはあくまで統計上の話であって、恋愛だろうがお見合いだろうが、幸せになるかそうでないかは人それぞれであり、どちらにせよ夫婦の互いの努力が重要であることは言うまでもないが。  

「選択の科学」 本山克寛著よ



未婚男性を追い込む「3%説」に隠されたウソ
まことしやかな数字に踊らされていない?

週刊誌が、「35〜39才未婚男性が、5年以内に結婚できる確率は3%以下」 などとセンセーショナルな書き方をしていることがあります。女性は2% 以下とも書いています。結婚紹介会社は、この数字を商売に利用しています。

国勢調査によると、


2005年 35〜39才男性の未婚率 31.2%
2010年 40〜44才  〃         28.6%

   31.2%−28.6%=2.6%

未婚率が2.6%しか減っていないのですよ。つまり2.6%の人しか結婚できていませんと煽ります。

もう一つの数字を利用した計算では違う答えが出てきます。

2005年 35〜39才 未婚男性数 132万0943人
2010年 40〜44才   〃     123万0946人

132万0943人−123万0943人=8万9997人(結婚した人数)

132万0943人のうち、8万9997人が結婚しています。つまり6.8%の男性は5年のうちに結婚しています。週刊誌が煽っている数字の倍になっています。 こちらが結婚できる確率として正しい数字になります。

さらにいうと、未婚男性の中には、結婚を希望していない人もいます。その数を差し引くと、母数はさらに少なくなり、結婚確率はもっと上がります。 女性も同じです。35才を過ぎると、結婚相手探しが大変になることは確かです。大切なことは結婚する意志と行動です。

:東北学院大学教養学部神林博史教授 投稿記事より

ページトップへ


「見合い結婚」と「恋愛結婚」の離婚率

近年、日本の離婚率は全体の30%に及んでいると言われています。3?4組に1組は離婚している計算です。そして、「恋愛結婚」の離婚率は40%、「お見合い結婚」の離婚率は10%と言われています。

この差はなぜ生じるのでしょう。

諸説ありますが、以下に「お見合い結婚の離婚率が低い5つの理由」を挙げてみます。

(1)お見合い結婚では理性的に相手を観察できる
よく「恋は盲目」と言いますが、恋愛結婚では結婚前に気持ちが燃え上がりそのまま勢いで結婚するケースもあります。お見合い結婚ではまず条件から入りますから、理性的に相手を観察することができるのです。

(2)お見合い結婚では「結婚」について相手とよく話し合う
お見合いはそもそも結婚が目的ですから、出会った直後から「結婚」についての価値観や、実際に結婚生活が上手くいくかどうかを話し合うことができます。結婚したあとに考え方の違いに気づいて「しまった!」ということになりにくいのです。

(3)お見合い結婚のカップルは平均年齢が高め
お見合い結婚をするカップルの平均年齢は、恋愛結婚のカップルより高めになります。若いうちの恋愛結婚は勢いで進むことも多々ありますが、大人同士のお見合いカップルは慎重に、穏やかに結婚を決めていきます。

(4)お見合い結婚は第三者の意見が取り入れられやすい
大恋愛中のカップルは「2人の世界」を構築してしまい、周りの意見が一切聞こえなくなってしまうこともあります。お見合いでは仲人など第三者の意見を聞く機会を得られ、それが冷静さを保つための一助になります。

(5)お見合い結婚は相手を良く知らないうちに結婚する
結婚生活には、恋愛時代には問題にならなかった親戚付き合いや収入面のこと、子育ての方針などクリアすべき課題が山積みです。その課題に直面するうちに現れた「相手の変化」は離婚原因になることがありますが、それは相手に期待を抱いていたからこそでしょう。お見合い結婚では相手のことを深く知らずに結婚するので過剰な期待を抱くことがありません。良い意味であきらめて、共同作業の中で違いを埋めていくことができるのです。

参考サイト 恋愛JP

ページトップへ

 
仕事と健康 高年齢化と健康  仕事と育児 出会いと結婚  動物行動学
copyright 2001© all rights reserved STWDS.COM since 2001